スポンサーサイト

2018.01.24 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    悪戦苦闘の加賀フィッシングエリア

    2011.06.06 Monday

    0
      6/5(日)に一家総出で栃木県佐野地区へ行って来ました

      自分と次男は加賀フィッシングエリアで車を降りて
      妻と長男は佐野アウトレットモールへお買い物です

      さぁ〜先週ここへ釣行予定だったのですが天候不順で延期になり
      昨日待ちに待つての釣行だつたのですがね・・・・・・

      釣り代金の援助に成功したので気分的に気持ちが入っていなかったのかな?

      さて、釣行開始は9時からですアウトレットのオープンが10時からなので
      若干遅めからのスタートとなりました



      まずは2号池から始めます魚は表層だと思っていたので
      スプーン各種を表層を引けるようロッド位置を上げたり
      引きスピードを変えたりしながら探るもののアタリさえ訪れません????

      クランクにチェンジしても自作トップ用ルアーでもすべてバイトすらない状態です
      2時間弱ほど2号池で粘りましたがお手上げ状態なので1号池に移動をしました

      ここで、ペレスプ2.3gをやや早巻きで待望のバイトありでキャッチしたのですが
      ネットで跳ねて池にお帰りになられましたので写真無しになってしまいました

      その後ペレスプにバイト無し、その他スプーンも同様でダメ????
      なんて事をしていると息子がネットを要求しているので持っていくと
      50センチ弱ほどのイトウさんがかかっていて無事ネットインです



      自分の方はいまだに何を投げても反応が無い状態です

      やや釣れているのはフライマンだけでしたね

      そうこうしていると待ちに待った放流タイムの到来です
      金色のスプーンに変えて放流後の釣果を狙います

      ここで、やっとこ放流の恩恵を授かり本日2匹目キャッチ



      今回はちゃんと記念写真がとれましたね
      けれど放流効果も1匹のみです(さみし〜〜ぃ)

      しばらくして蛍光オレンジのスプーンを投げていると強いバイトがあつて
      合わせたら大物がジャンプ(バッシャ〜〜ン  プッ〜〜ン)ありゃりゃ
      スナップの元からライン切れですジャンプした時に歯でやられました
      スプーンともどもさようならでした

      今度こそはとマッシュでいくと数投でバイトあり合わせもうまくいくが
      ネット手前で痛恨のバラシ・・・・・・・・・・・・・

      悪戦苦闘していると買い物組が帰ってきたので2時頃に納竿して
      本日の釣行終了です

      今回は自分の持っているスキルを殆んど出しきっても
      釣果を伸ばせなかったので見事に完敗でした

      加賀フィッシングエリアは噂道理の難関エリアでした
      とても自分のような初心者の腕では対抗できませんでした

      これを教訓にもっと上手くなりたいです

      次回の釣行は癒し釣行したいな〜〜ぁ

      では また !

      ランキングに参加していますので
      下記をポチッとお願いします

      にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
      にほんブログ村

      スポンサーサイト

      2018.01.24 Wednesday

      0
        関連する記事
          コメント
          おはよーございます^^

          加賀FA釣行お疲れ様でした
          難しかったようですね・・・
          あの広いポンドでは難しくなると絞りきれないですよね
          懲りずにリベンジしてください^^;l
          そんな中でも息子さんのイトウはお見事でした!
          ひでぱぱさん おはようございます !

          いや〜本当に難しいエリアでした
          腕を磨いてから腕試しにまた挑戦したいですね

          しかし子供に良型がくると親には来なくなるのは
          何ででしょうね。良型かけるもののバラシですものね

          良型は子供より早く上げないとだめですね


          • by TMU
          • 2011/06/07 8:57 AM
          コメントする
          トラックバック
          この記事のトラックバックURL